MIKIKOです。

皆さん、ヨガの本やDVD、TVなどで吐く息は細く長くと言われたことはないでしょうか?
その呼吸をした時、息苦しいと感じたことは?

私がまだヨガをやり始めた時この細く長く息を吐いた後、息が吸えなくてすごく苦しかったのを覚えています。
細く長く吐いた後息を吸ったとき喉がきゅーっと閉まってしまって吸えなくてどんどん呼吸が浅くなってしまったのです。

この喉が閉まってしまうことが呼吸が浅くなってしまう原因の一つです。

喉が閉まってしまう経験がある人はお薬を飲むときのように喉を広げたまま呼吸をしてみてください。
そして広がった喉いっぱいに息を吸って喉を広げたまま吐いて下さい。
吸っている途中で詰まった感じが出たらその手前までで吸います。
いっぱい吸わなきゃと喉が閉まっても吸い続けることで呼吸は頭の方に吸い上げてしまうので浅くなります。

細く長くの呼吸は大事ですが、喉が閉まってしまう人には難易度が高いです。
まずは喉を広げたまま呼吸をすることから意識して見てはいかがでしょうか。

AROGYAではお客様の呼吸のクセも見極めて指導していきます。
ご予約はこちらから